大阪府茨木市 西尾歯科のホームページへようこそ

〒567-0065 大阪府茨木市上郡2-12-8 アルプラザ茨木2F

MENU
見た目を整え、 自然な白さを

見た目を整え、 自然な白さを

審美歯科とは、歯の見た目を整える目的で行う治療です。補綴物(人工の歯・セラミック)を利用し、見た目を整えます。

審美歯科の主な目的

  • 前歯の色合いや形を整える
  • 銀歯を白い歯に整える
  • 歯と歯茎の境目をきれいに整える

この治療の多くは、自由診療です(健康保険が適用されない治療)。その為、使用する材料や治療方法は、個人ごとに異なります。
ご要望をしっかりお聞きし、状況に応じた治療をご提案させていただきます。見た目を整えたい時、気になる箇所がある時には、西尾歯科へお気軽にご相談ください。

治療方法のご紹介

ラミネーベニア

ラミネーベニア

歯の表面をうすく削って合成樹脂やセラミックの箔をはりつけます。
歯を削る量が少なく、比較的短期間できれいになります。

セラミッククラウン、インレー

セラミッククラウン、インレー

金属を使わない、セラミックのみのかぶせ物、詰め物です。現在世界的に歯科の世界では、健康のためお口の中をノンメタル―金属をなくす治療―にしていく方向にあります。天然の歯に近い色調が得られやすく、変色がおきにくい材質です。

ハイブリッドセラミッククラウン、インレー

ハイブリッドセラミッククラウン、インレー

セラミックに硬質レジンを加えた、ハイブリッド型(混合型)の材料を使います。硬さが硬すぎず、保険のレジンより強度的にも審美的にもすぐれています。

セレックシステム

セレックシステム

院内に設置しているミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを院内の設備で削り出します。修復物を短時間で整えることができ、治療期間を短くできます。
また、3D光学カメラで直接口腔内をスキャンできることで、手作業による型取りが不要になりました。その為、今まで以上に正確な咬み合わせを実現できます。

「ほうれん草のしらす和え-歯ぐきストロング-」のつくり方-歯科栄養士監修-

「ほうれん草のしらす和え-歯ぐきストロング-」のつくり方-歯科栄養士監修-

2018.5.24|歯科栄養士レシピ動画
西尾歯科 歯科栄養士

西尾歯科では、虫歯や歯周病を治すだけでなく、食べること、食べるものを通じても、皆さまの健康と笑顔に関わっていきたいと思っています。 西尾歯科には管理栄養士が所属しており、受診者の方へ栄養バランスを考えたお食事内容もアドバイスをさせていただいております。今回ご紹介する「ほうれん草のしらす和え-歯ぐきストロングレシピ-」は、歯周病治療中の方へお勧めしたいお料理です。 歯周病は、歯を支える歯ぐき(歯肉)と骨(歯槽骨)を破壊する病気です。歯周病にかかってしまったら、歯科医院で専門的な治療を行うことが効果的ですが、ご自宅での栄養摂取を工夫することで歯周病治療にいい影響があると考えられます。 「ほうれん草のしらす和え-歯ぐきストロングレシピ-」のしらすには、豊富なカルシウムとビタミンDが含まれています。そして、ほうれん草にはビタミンKが含まれています。骨の形成に役立つと考えれているこれらの栄養素を摂取することは、歯周病でお困りの方に最適なお料理の一つといえます。 「ほうれん草のしらす和え-歯ぐきストロングレシピ-」の詳しいつくり方の動画はこちらでご覧ください!