大阪府茨木市 西尾歯科のホームページへようこそ

〒567-0065 大阪府茨木市上郡2-12-8 アルプラザ茨木2F

MENU
西尾歯科 ロゴよくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報
を発信しています。

歯の白い斑点は虫歯?

PMTCと予防
スタッフ


 皆さんこんにちは、 衛生士の 福井康子です!

 皆さんの中に、前歯を鏡で見たときに、歯の表面に白い斑点のようなものが見られる方はいらっしゃらないでしょうか?これは、" ホワイトスポット "と呼ばれるもので、歯のエナメル質がうまくできていない部分です。
 この白い斑点は、ホワイトニングや乾燥によって色が濃くなってしまうここがあります。


 ☆ ホワイトスポットの原因

 初期虫歯、フッ素症、エナメル質石灰化不全症などです。
この中のエナメル質石灰化不全症はさらに原因があります。
エナメル質形成不全症は、歯のエナメル質ができる時期に、何らかの原因でミネラルが沈着できなかった状態です。
特にエナメル質は熱に弱く、エナメル質ができる時期(妊娠後期~出生直後)に熱があると、前歯に斑点ができることが多いようです。
その他、未熟児や低体重児、慢性疾患、乳歯の虫歯でも起こります。

 ☆ ホワイトスポットの予防

 エナメル質が白濁するということは、歯の表面が酸性になっているということで、虫歯ができるときの仕組みと同じですから、虫歯と同じような予防が必要になってきます。

  ● 間食をできるだけ控える
  ● ブラッシングをしっかり行う
  ● フッ素配合歯磨きペーストを利用する

 普段中性を保っている口の中も、食事のたびに酸性に傾きます。間食を減らすと、酸性に傾いた口の中を唾液の作用で中性に戻し、歯の脱灰を修復する時間が得られます。
 歯の表面にプラークと呼ばれる粘着性の白い細菌の塊が付いたままになっていると、歯の表面を溶かし、白い斑点が大きくなったりします。
プラークをきちんと毎日落とすことが予防につながります。

  ☆ ホワイトスポットの治療

 ホワイトスポットの内部に虫歯が進行して、象牙質という部分まで進行してしまった場合や、ホワイトスポットが改善せず、逆に進行している場合などは、削って詰める必要があります。
またホワイトスポットは審美的問題にもなりやすいため、その場所のみわずかに削り、歯と同じ色で詰めることで、審美性を短期間で改善させることができます。

 ホワイトスポットが虫歯に進行しているかは、なかなかわかりにくいので、定期的な検診をお勧めいたします!!   

よくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報を発信しています。