大阪府茨木市 西尾歯科のホームページへようこそ

〒567-0065 大阪府茨木市上郡2-12-8 アルプラザ茨木2F

MENU
自然に近い状態で咬めることが、インプラント治療のいいところ

自然に近い状態で咬めることが、インプラント治療のいいところ

歯がないところを補う方法は、入れ歯やブリッジのほかにインプラントがあります。インプラント治療は、他の治療に比べて健康な歯と近い状態で咬むことができる治療方法です。

インプラント治療後、咬む力は健康な歯に近づきます

天然の歯が顎の骨で支えられているのと同じように、インプラントも顎の骨によって支えられます。その為、咬んだときの感触、咬み応えが自分の歯に限りなく近い感覚になります。
よく咬めることは、健康的な生活に繋がります。インプラントによって、多くの方が活力のある生活を送られています。

義歯(入れ歯・ブリッジ)の場合、咬む力を支えるのは、歯茎と隣の歯

義歯(入れ歯・ブリッジ)の場合、咬む力を支えるのは、歯茎と隣の歯

義歯を装着する土台は、歯茎と隣の歯です。歯茎は柔らかくて咬む力を支えにくく、また、装置によって歯茎にダメージを与えます。義歯(ブリッジ)の場合、健康な歯を削ってバネをかけます。その結果、バネをかける歯に悪影響を与えます。

歯を失ってお悩みの方、入れ歯が合わないと感じている方へ

生活をしていると思いもよらぬ原因で永久歯を失うことがあります。
突発的な衝撃で抜けてしまったり、歯茎の健康が損なわれて歯が抜け落ちてしまうこともあります。

今までは「入れ歯」などを利用して、その部分を補っていましたが、「入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってしまうことがあります。
インプラントは、ご自身の歯茎の状態を診断し、埋め込み方を分析した上で行う外科手術です。そのため、歯を失ってしまった方や入れ歯が合わずにお悩みの方にとって、今までとは異なる選択肢になります。

歯を失いお悩みの方、入れ歯が合わないと感じている方へ

西尾歯科では症例研究を元に、“診断・ご説明・手術・アフターケア”をお一人ごとにあわせて提供しています。また、地域の歯科医として手術後のケアに力を入れています。定期健診にお越しいただき、術後の経過を見守ることは私達の責任です。

西尾歯科のインプラント治療

  • インプラント手術経験が豊富であること
  • インプラント治療を行うべきかの判断に必要な総合的歯科治療知識があること
  • インプラント治療後のメンテナンスを考えた説明ができる事

これらの基準はインプラント治療を提供する医師として必要な条件で、西尾歯科に勤務する医師全員が身につけているスキルです。この基準を大切にすることで、ご来院の皆様への説明のわかりやすさ、インプラント治療の目的・他の治療手段についての理解につながります。
西尾歯科の院長 西尾は、大阪大学歯学部で臨床准教授です。インプラント治療を教える人間として、またご来院の皆様に提供する人間として、強い責任感を持っております。

西尾歯科院長 西尾拓郎

西尾歯科院長 西尾拓郎

Implant Research
CERTIFICATE
JIP-IU FELLOW

アフターケアが大切

虫歯にならないための予防、歯茎の健康を保つための予防など、歯を定期的にメンテナンスして健康を保つという方が最近は増えて来ました。

インプラント治療も同様で、定期的なメンテナンスよって長期的に口腔内の状態を管理することが大切です。
手術直後は月に一度のご来院。数ヶ月後、骨とインプラントの状態が安定してきたら定期的にご来院頂き、メンテナンスを行います。
医師一人ひとりが、患者様の相談役としていつもサポートしています。術後もお口の健康を維持できるよう一緒に歩みを進めて行きましょう。

インプラント治療 概算料金表

基本料金 350,000円(1本・税別)

オプション

ソケットリフト
50,000
(1本・税別)
インプラントを埋入する骨の高さが充分にない場合にオステオトームという器具を使用し、上顎洞を挙上する方法です。しかし、この方法が適用されるには骨の厚みが最低4mm以上必要です。
サイナスリフト
100,000
(1/4顎・税別)
上顎洞と上顎との距離が狭くソケットリフトを行えない場合に上顎洞を拳上する方法です。ソケットリフトとの違いは、骨移植を行い不足している骨を補強する点です。
セデーション
100,000
(1回・税別)
静脈内鎮静薬や静脈麻酔薬などを用いた治療(セデーション)を実施しております。この鎮静法は全身麻酔とは異なり、うたた寝をしているような感じで不安や恐怖心が取れ、リラックスした状態で治療を受けることができます。
ポンティック
150,000
(1回・税別)
インプラントとインプラントの間をつなぐ歯を作る場合に必要です。
マグフィット
50,000
(1本・税別)
インプラントの上に磁石を吸着させる「磁性金属」を取り付ける場合に必要です。
CTデータ処理
35,000
(方顎・税別)
50,000
(両顎・税別)
レントゲンでは得られない情報(実寸の骨の幅、高さ、形、密度)を知ることで、より精度の高い手術が可能になります。
パノラマ用
ステント
5,000
(両顎・税別)
CT診断用のマウスピース。
【歯科医師 山本】安心感を感じてもらえるように

【歯科医師 山本】安心感を感じてもらえるように

2018.8.17|スタッフ紹介
西尾歯科 スタッフ紹介

西尾歯科 歯科医師 山本 知里(やまもと ちさと) じっくりとお話しをお聞きすることから 私は受診者の方を治療する時、まずはお話しをじっくりとお聞きすることを心がけています。歯の痛みや歯茎の腫れなどのご心配点はお一人ごとに感じ方が異なると思います。その感じ方を教えて頂き、ご心配点を解消できるような治療方法を検討しています。 先日ご来院くださった受診者の方は、歯に強い痛みがあること、それが原因で食事を上手く噛めないことに悩んでいらっしゃいました。 そのお話しをお聞きした後に私から受診者の方へお伝えしたことは、"痛みを軽減させる治療方法の詳細"と、"数日間は違和感が残るためお食事を噛む際には反対側の歯を使って頂くこと"の2点でした。このようなご説明を致しましたのは、治療内容をお伝えするだけでなく、治療後に受診者の方が感じやすい違和感などを事前に知っていただきたいという想いからです。 安心していただくために、様々なことを丁寧にご説明 歯科医院での治療は、多くの場合数回に分けて行われます。治療と治療の間で受診者の方が違和感を感じると、「治療してるのに、どうして?」とご不安になると思います。そのような時に例えば、治療後に感じやすい違和感について事前に知っておければ、不安を減らせると思います。 治療中も治療後も、受診者の方が安心していただくためには私が責任を持って丁寧に説明することが大切だと思います。これからも、受診者の方のお話しをじっくりとお聞きし、ご心配を解消できるような丁寧な説明を心がけてまいります。 経歴 平成27年3月 大阪大学・歯学部卒業 平成28年3月 大阪大学・臨床研修プログラム修了 平成28年4月 西尾歯科勤務開始