大阪府茨木市の歯医者 西尾歯科

〒567-0065 大阪府茨木市上郡2-12-8 アルプラザ茨木2F

MENU
西尾歯科 ロゴよくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報
を発信しています。

酸蝕症について<VOL.1>

その他
スタッフ


歯科医師の森下です。

虫歯によって歯に穴が開いたり、歯ぎしりによって削れたりすることが
あるということはよく知られていると思いますが
歯が溶けてきてしまうこともあるというのはご存じでしょうか?

歯は酸によって溶かされてしまうことがありその症状は
歯の酸蝕症と呼ばれています。
虫歯がなくても、生活習慣によっては歯がボロボロになってしまうことがあるのです!

では、どういった場合に歯が溶けるほどの酸にさらされるのでしょうか?
以下に歯の酸蝕症の原因を挙げます。

①飲食物によるもの
飲み物や食べ物の中には酸性度の高いものがあり
これを習慣的に摂取することによって歯の酸蝕症を生じることがあります。
この場合、摂取の仕方や時間帯が症状に大きく関わってくることが分かっておりおり
長時間口の中にある方が酸蝕症を引き起こしやすいです。
また、就寝前に摂取した方がリスクが高いと言われています。

②胃の内容物の逆流によるもの
お酒の飲み過ぎや車酔いなどによる一時的な嘔吐では
歯の酸蝕症に至ることはありませんが
摂食障害にみられる習慣的な嘔吐は酸蝕症の原因となります。
また、妊娠時の悪阻がひどい場合なども歯に影響が出ることがあります。
嘔吐までいかなくても、口の中に胃の内容物が上がってくるだけでも
歯は酸にさらされてしまうため、胃食道逆流症でも歯の酸蝕症を認めることがあります。

③唾液分泌の低下によるもの
唾液は口の中の酸を中和する働きがあるため
これが減ると歯の酸蝕症のリスクがあがります。
寝てる間は唾液分泌が減るので、就寝前の酸性飲料摂食のリスクが高いのはこのためです。

④特定の職場環境によるもの
酸性のガスやミストを吸引する可能性のある工場等で働いてる場合
歯に酸が作用して溶けてしまうことがあります。

次回はこれらの治療方法についてお話しいたします。

よくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報を発信しています。