大阪府茨木市 西尾歯科のホームページへようこそ

〒567-0065 大阪府茨木市上郡2-12-8 アルプラザ茨木2F

MENU
西尾歯科 ロゴよくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報
を発信しています。

女性が喫煙することへの影響

PMTCと予防
スタッフ
皆さん、こんにちは。 チーフ:歯科衛生士の下川床 里美でございます。 今回は、女性が喫煙をした場合の影響をお話しさせて頂きます。 喫煙の妊娠出産などへの影響 ・たばこを吸っている妊婦は、吸わない妊婦より、1.5倍ほど、自然流産しやすくなり、1.4~1.5倍ほど早産しやすくなります。また、吸う本数が増えるほど、早産しやすくなります。 ・たばこを吸っている妊婦は、吸っていない妊婦より、1.2~1.4倍ほど、周産期死亡(妊娠28週以降の死産と生後1週間未満の早期新生児死亡)が高くなります。 ・たばこを吸っている妊婦から生まれた子どもの出生時の体重は、たばこを吸わない妊婦から生まれた子どもに比べて平均200g軽く、また、出生時の体重が2500g以下の低出生体重児が生まれる頻度が約2倍ほど高くなっています。 このような影響は、たばこ煙中のニコチンと一酸化炭素によって胎児と胎盤系が低酸素状態になったため、胎児の発育障害が引き起こされるといわれています ・妊娠前に禁煙した場合、子どもの出生体重は、たばこを吸ってない妊婦と同じレベルになります。妊娠初期に吸っていても、妊娠3~4カ月までに禁煙すると、低体重児のリスクがたばこを吸っていない妊婦のレベルに近づきます。早産、週産期死亡についても妊娠初期に禁煙すればそのリスクは下がるとされています。 子供への影響 たばこを吸ってるけど母乳をあげても大丈夫? ・たばこを吸っている母親の母乳の中には、ニコチンが含まれることが知られています。また、たばこを吸う量が増えると母乳の中に含まれるニコチンの濃度も高くなるという報告があります。 *1日20本以上たばこを吸っている母親の母乳を飲んだ新生児が、いらいらしたり、眠れない、吐く、下痢、頻脈などのニコチン中毒症状を起こしたという報告もあります。 赤ちゃんや子どもの周りで吸っても大丈夫? ・まわりにたばこを吸っている人がいると、赤ちゃんの尿から、ニコチンが検出されることがあります。生後18日前後の赤ちゃんでは60%、生後3週間から1才までの赤ちゃんでは53~77%に尿からニコチンが出てきているという報告があります。 子どもの周りで吸っても大丈夫? ・母親が喫煙する場合、子どもは肺炎・気管支炎などの呼吸器疾患になりやすく、また、身体発育にも影響があるといわれています。 私の患者様でも妊娠期や産後しばらくは赤ちゃんの影響を心配されて禁煙なさる方多くいらしゃいます。しかし、また本数は減っても喫煙者に戻ってしまう...のが現状のようです。 今日も長い文章をお読みくださり、ありがとうございました。
よくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報を発信しています。