大阪府茨木市 西尾歯科のホームページへようこそ

〒567-0065 大阪府茨木市上郡2-12-8 アルプラザ茨木2F

MENU
西尾歯科 ロゴよくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報
を発信しています。

妊婦さんと歯周病

PMTCと歯周病
スタッフ


  こんにちは歯科衛生士の伊藤です。
  今回は妊婦さんと歯周病についてのお話をさせていただきます。

  妊娠中のお口の中は、生活習慣や体質の変化から通常よりも虫歯や歯周病になりやすくなります。
  1、つわり
    ・ 妊娠6~9週で人によっては気づかない程度から寝込むほどまで程度が違いますが、
      つわりによってハブラシを口に入れることも困難な場合があり奥歯の磨き残しが
      多くなり歯茎に炎症がおきます。
   
    ・ 食べつわりで少しずつ何度も食事をするために、口の中で酸性の状態が続き虫歯ができやすくなります。
  2、女性ホルモンの変化
      女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
      プロゲステロンは歯肉を腫らす原因で妊娠中にプロゲステロンは上昇しま
      す。     
      そのため少量のプラーク(歯垢)でも炎症反応が起こりやすくなります。
   
  歯周病のひどい妊婦さんは、歯周病菌の影響で早産や低体重児出産などの妊娠トラブルの
  危険性が高くなりますので、安定期(5~7ヵ月)に入られましたら歯科検診をお勧めします。
  
   妊娠中のハブラシについて
      ・ハブラシをできるだけ小さいものに替え嘔吐を避ける
      ・虫歯予防の目的でフッ素入りの歯磨き粉を使う
      ・歯周病予防のためできるだけ丁寧に磨く
      ・砂糖摂取の仕方に注意する
      
      つわりがひどいときは
      ・うがいをこまめにする
      ・うがいも出来ない人は氷をなめる     

よくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報を発信しています。