大阪府茨木市 西尾歯科のホームページへようこそ

〒567-0065 大阪府茨木市上郡2-12-8 アルプラザ茨木2F

MENU
西尾歯科 ロゴよくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報
を発信しています。

喫煙による歯周病への影響

PMTCと予防
スタッフ

皆さん、こんにちは。
チーフ歯科衛生士の下川床 里美でございます。
今日は喫煙による歯周病への影響をお話したいと思います。

喫煙は、歯周病の二大危険因子のひとつで、喫煙と歯周病は密接に関連しています。そして、口腔、特に、歯周組織は、能動喫煙だけでなく、受動喫煙でも、直接、悪影響を受ける最初の関門になります。また、親の喫煙により、子供の歯肉に、メラニン色素沈着として早期に高率にあらわれます。しかし、適切に診断した上で、本人が禁煙、もしくは、周囲の受動喫煙がなくなれば、歯周病は改善します。 
タバコ煙の入口となる消化器としての口腔、特に、歯肉を含めた歯周組織は、直接、その影響を受けることになります。
したがって、歯周病も同じように、喫煙と関連性が強いことは多くの研究により支持され、喫煙は、糖尿病と並んで、歯周病の二大危険因子となります。すなわち、一酸化炭素やニコチンなどによる免疫能、微小循環系、好中球機能、サイトカイン産生などへの影響により、歯周組織における宿主応答(抵抗性)や治癒に悪影響を及ぼします。その結果、喫煙者では、歯周病が進行し、そればかりではなく、歯周病の治療への反応や歯周外科手術の経過が不良になることもはっきりしています。
日本歯周病学会の分類(2006年)によると、喫煙関連歯周炎と診断されます。

タバコを吸うと歯肉の毛細血管が収縮し、歯肉の血行は悪くなります。また歯肉溝内(歯周ポケット)の歯周病を起こさせる原因菌の数を増加させ、免疫的にも、血管や組織中の白血球の能力低下を招き、歯周組織の破壊につながっていきます。
つまり、タバコに含まれる成分、ニコチンが、歯肉の血液循環を悪化させ、血液中の白血球が持つ免疫機能や治癒力を弱めるてしまう、ということなのです。
さらにニコチンは歯と歯肉に、まるで接着剤のように歯垢を付着させ、歯周病原菌が増えやすい環境を作ってしまうことも知られています。

=喫煙により歯周病が進む理由=
1.煙草のタール成分の付着が歯周病の原因となる
  歯垢、歯石を付きやすくする
2.煙草のニコチンが歯肉の血管を収縮させて、    
  血流障害を起こす
3.喫煙者は白血球数が多く、煙草の各種成分が  
  白血球を刺激して局所の炎症を強くする
4.喫煙による活性酸素を除去するためにビタミンCが
  消費されて、歯肉にある線維芽細胞のコラーゲン
  合成がうまく行かない

喫煙が歯周病に深くかかわっていることがおわかりいただけたでしょうか?
しかしながら、虫歯や歯周病の原因は細菌感染です。
ですから定期的に歯科医院を受診していただきPMTCを受けていただくことが、歯を守っていくためにはとても大切です。
今日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

https://www.nishioshika.com/pmtc/index.html

よくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報を発信しています。