大阪府茨木市の歯医者 西尾歯科

〒567-0065 大阪府茨木市上郡2-12-8 アルプラザ茨木2F

MENU
西尾歯科 ロゴよくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報
を発信しています。

欠損について

その他
スタッフ

歯科医師の松本です。
皆さんはむし歯や歯周病のために
不幸にも歯を失ってしまったら
どのようなことが起こるかご存知ですか?

歯が1、2本無くなっても危機感を持たれない方も
いらっしゃいますが、そのまま放置してしまいますと
取り返しのつかない事態を招くのです。

今回は歯を失った時にそのまま放置すると
どうなるのかについてご説明いたします。

歯がなくなった状態を歯科では欠損といいます。
それが1、2本であれば一応噛むところもありますし
慣れであまり不便を覚えなくなります。

しかし不便がないからとそのまま放置しておくと
様々な問題が生じます。

下の写真は下の奥歯を失い、上の歯の頭をむし歯で
失ったあと、放置された写真です。

松本先生.jpg


下の歯が抜けて放置していると、
向かいあった上の歯が下へのびてきます。

次に抜けた下の歯の隣の歯が隙間に倒れこんできて
歯と歯の間に新たな隙間をつくり
食べ物が詰まりやすくなります。

これに伴い上手く歯ブラシが行えなくなり、
口臭、歯周病、むし歯の原因となります。

咬み合わせが壊れることで噛む力が弱まり、
顎や顔がゆがみ、顎関節症の原因ともなります。

これをさらに放置すると欠損部の空間は一層狭くなり
後にブリッジ、入れ歯、インプラントを入れようと
思っても入らなくなります。

その場合、元の位置に戻す矯正治療、外科処置、
歯を削る等が必要になることもあります。

つまり仮に1、2本の歯を失うだけでも、
放置することで下り坂を転がるかのように
状況は悪化するということです。

悪くなってからでは立て直すのは非常に困難で
時間も費用も非常にかかります。

その為歯が抜けたら一本でもそのままにせず
速やかに、「インプラント」、「入れ歯」、「ブリッジ」などで
失った所を補う必要があります。

これらの治療法についてはホームページ内にも掲載しておりますので
そちらをご覧下さい。

治療内容説明

皆様のお口の健康に寄与できれば幸いです。

よくあるご質問

西尾歯科へご来院される方向け
治療内容や「歯」を大切にする方法
様々なご質問への回答・お役立ち情報を発信しています。